2015年4月16日木曜日

女3

「大人になったら女のことが分かるようになるって思っていたけど、いざ30代の半ばを過ぎても、女の人のことってぜんぜん分からないんです。なんかそう考えると怖いですよね。私は結婚をしていて、本心では共感のできない女と10数年一緒に住み、今では10歳になる娘もいます。でもその娘でさえ、最近は女の世界が始まっているんですよ。娘は男である私を女の世界に入らせてくれないんです。拒否するんですよ。それが、凄く寂しく、怖いんです」

「結局のところ、男は女に対して共感できないんじゃないかな。いくら”愛”とか言っても、本当のところは分かり合えない。種類が違いすぎるんだよ。男と女より、男と犬の方がまだ分かり合える。何匹かの犬を飼い、何人もの女と付き合ってきたのでそう感じるよ。これは生物としての宿命なんじゃないかな。ところで、この子が最近気になるんだよね。渕上彩夏ちゃんっていうグラドルなんだけどさ。笑顔がいいんだよ。顔の好みだけで言うと僕のストライクではないんだけど、なんとなく誰かに似ているんだよね。それが誰だか分からないんだけど、僕の心を掴むんだよ」


「私のイメージなんですが、あなたのの元カノさんに似ていませんか? 昔からあなたはひとつのヴィジョンを探し続けてる感じがあるのではと思っていました。 スティーブンキングは子供の頃、友人が目の前で電車に轢かれて死んだのを目の前で見ていたはずなのですが、記憶に無いそうです。でも、さまざまな映画で子供が轢かれるような描写が描いているんですよ。 あなたにも、そういったペットセメタリーがあるのではと、推察しています」

「そうかな?元カノに似ているだけなら、左の音市美音ちゃんや、右の藤沢マリちゃんの方が似ているよ。二人ともAV女優なんだけどさ、彼女たちの作品を見ると、喪失感や儚い嫉妬心が生まれ、それが性欲に転嫁されて何処となくヌけるんだ。上にあげた渕上ちゃんは、過去の女性の誰とも似ていないんだけど……、でも表情やしぐさはたしかに似ているかもしれない。そういうものがフックとなって、僕に引っ掛かっているのかもね」


「例えば僕が、中学生の頃に宮沢賢治を好きだったとしたら、口説ける文学少女がいて中学で童貞を卒業できたかもしれない。でも実際には僕は北斗のケンやグラップラー刃牙が好きだったし、女とセックスするのはワルの特権だったんだ。これで性交渉の機会を逃してしまったんだよね。二度目の人生があるなら同じ轍は踏まないけど、一度目で宮沢賢治で共感するなんて無理な話だ。だからね、今は村上春樹にドッキリを仕掛けたいんだよ。やれやれとか言ってセックスしている村上春樹もね、朝起きてホテルの窓を開けたときにゴジラがガオーって現れたら、やれやれとか言えないと思うんだよ。日本は国家プロジェクトとして200兆円ぐらいかかっても実物大の動くゴジラを作って、村上春樹にドッキリを仕掛けるべきだと思うんだ。爽快だろ?」

「それって村上春樹への嫉妬ですよね。村上春樹のように、美人というだけではない味と個性のある女とセックスできないという。あなたって、けっこうセックスはしているじゃないですか。でも、ビッチだったり薄っぺらいメンヘル女だったり。そこに劣等感を感じているのですよね?」

「もういい、おれ、宝くじ買うわ。100回連続で当てて、ゴジラ作るから!作るからーーーーっっ!!!」



庵野&樋口の東宝ゴジラへの期待を込めて……。
あ、俺は懐古主義者ではないので、ハリウッドのギャレスGODZILLAにも期待してますよ。
できれば、GODZILLAvsパシフィックリムとか、宇宙人が攻めてきて地球防衛軍が壊滅して、オワタ―ってところに
GODZILLAが出てきて、宇宙人をぶっ倒すようなカタルシス満載映画が好きです。

0 件のコメント:

コメントを投稿